葉酸・マカ・ピニトール・乳酸菌、妊活に一番大事なのは何ですか?

葉酸・マカ・ピニトール・乳酸菌、妊活に一番大事なのは何ですか?

最近は、40歳以上の高齢出産をされる方が多いですが、35歳を過ぎると妊娠の確率は圧倒的に低くなると言われています。

私の知人は、現在33歳、30歳になってから結婚し、まだ子供がいません。

しかしご夫婦で子供を望んでおり、妊活を始めることにしたそうです。

彼女は周りからのアドバイスなどを参考に栄養面を溶くに優先したいと話していました。

もちろん生理周期などのタイミングや基礎体温を計測することも大切ですが、きちん栄養を摂ることが妊娠しやすい体になることだということです。

確かにそうですね。

基礎体温を測ってリズムを知ることも大切ですし、リズムが整っていない場合は、もし不足している栄養素がある場合は補うことで身体が整ってくると考えられるので、それは良いことだと私も思いました。

妊活とは、妊娠するための活動ですが、妊娠したらゴールではなく、出産することが目標ですよね。

そのために、大切な栄養素を紹介します。

ピニトールと葉酸、マカと乳酸菌という4つの栄養素が特に大切です。

それぞれお話を進めますね。

まずピニトールです。

ピニトールは、マメ科植物の鞘に相当する部分からえられる栄養素です。

不妊対策として注目されている成分で、特に多嚢胞性卵巣症候群のケアに良いと言われています。

これは排卵が困難になる状況のことを言いますが、排卵されないと赤ちゃんは授かれませんので、とても大切です。

次に葉酸です。

葉酸は妊婦さんが積極的に摂ることを推奨されていることで有名ですね。

葉酸を摂ることは、赤ちゃんの先天性の異常を得ることを防ぐ意味があり、妊娠前の段階からきちんと摂取することで回避率が高まると言われています。

3つ目、マカについてです。

マカは、ビタミンやミネラル、アミノ酸など栄養素が豊富なので、マカだけで必要な栄養が補えてしまうと言えるかもしれません。

マカには、植物性エストロゲンが含まれており、生理周期の乱れを整えてくれる作用があります。

男性の精力増強にも良いと言われていますよ。

ですから自分だけでなく、ご主人にも摂取してもらうと良いかもしれません。

男女共通して、疲労回復や集中力アップも期待できます。

最後に乳酸菌です。

乳酸菌は、腸内環境改善・向上のサポートをしてくれますが、腸内は栄養素の吸収をするところなので、葉酸を始め、摂取した栄養素をきちんと吸収するためにも腸内環境を整えておことが大切です。

ここまで4つの栄養素を紹介しましたが、妊活に良い栄養素、それは「全て」です。

では、サプリメントを摂取しようと考えたとき、それぞれ4種類も飲まないとならないの?と焦ってしまうかもしれませんね。

そこで「ママナチュレ葉酸サプリ」をオススメします。

このサプリメントは、葉酸もピニトールもマカも乳酸菌も全部配合されていますよ。

他にも色々な成分が配合されているので、オススメです。

こちら口コミ記事にキャンペーン中のお得な公式サイト案内があります。
確認してみてください。
ママナチュレの葉酸サプリの口コミ効果!他の葉酸と何が違う?

rs

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする