多嚢胞性卵巣症候群に悩む女性に葉酸サプリのべジママ

多嚢胞性卵巣症候群に悩む女性に葉酸サプリのべジママ

若い女性の20人に1人は多囊胞性卵巣症候群に悩んでいると言われています。

多囊胞性卵巣症候群とは排卵障害のことで、病気というほどではないにしても病的な状態と言えます。

女性には月に1度排卵日というのがあり、排卵とは卵巣にあるたくさんの卵細胞が月に一度というペースで成熟することを指します。

卵細胞は卵胞にくるまれており、ある程度の大きさで破裂するようにできていますが、多囊胞性卵巣症候群の場合は卵胞が発育するのに時間がかかってなかなか排卵しないのです。

そして、未成熟の状態の卵細胞が多くなることで、妊娠に至ることができなくなる可能性が高くなってしまうんですね。

自覚できる症状としては、月経周期が35日以上、以前は順調だった月経が現在は不規則、にきびが多い、やや毛深い、肥満などがあります。

症状としてはそれほど深刻なものではありませんが、不妊を引き起こす大きな要因であることは確かなので、放っておくわけにはいきません。

ただ、多囊胞性卵巣症候群の原因がまだはっきりと解明されていないために治療法の確立もできていないというのが現状なので、赤ちゃんが欲しい女性にとっては大きな問題と言えるのです。

そんな中、最近では治療の一環として新成分「ピニトール」が注目されるようになっています。

日本においてはそれほどメジャーではない成分のピニトールですが、海外では以前から取り入れられている成分で、不妊症の改善や血糖値を下げる効果があることがわかっています。

さきほど、疾患原因がはっきりとしていないと述べましたが、近年、多囊胞性卵巣症候群はインシュリンと関連しているという線が濃厚になってきています。

つまり糖代謝異常との関わりですね。

このようなことから、不妊症改善だけでなく血糖値を下げるビニトールという成分がこの多囊胞性卵巣症候群の治療の一環として注目されるようになってきているのです。

そして、そんな注目成分のピニトールが配合されているサプリメントもあるんです。

妊娠前や妊娠初期にとくに積極的に摂取するよう厚労省も推奨しているものに、葉酸サプリメントがありますよね。

その葉酸サプリメントの中でも人気の「ベジママ」です。
ベジママで妊活効果と口コミで人気の理由
「べジママ」は、妊娠中の女性はもちろん、多嚢胞性卵巣症候群に悩む方にもとても好評なサプリメントです。

ベジママには、葉酸やビニトールの他にもルイボス、ビタミンC、ビタミンEなどの妊活中の女性や妊娠中・授乳中の女性にも必要な栄養素が含まれています。

妊娠を望む女性に寄り添う葉酸サプリメントの「べジママ」ですので、妊娠中や多囊胞性卵巣症候群にお悩みの方は、是非この機会にお試しください。
公式サイト↓
葉酸サプリ「ベジママ」