マカや葉酸を飲んでも不妊が改善しない!どうすればいい?

マカや葉酸を飲んでも不妊が改善しない!どうすればいい?

現在、日本では不妊治療を行っている方が急増していると言われています。

赤ちゃんが欲しいと望まれても、なかなか授かれない方が増えているのです。

原因は、それぞれ異なると思いますが、卵子が衰えてしまう出産年齢の高齢化や、食事を含む生活習慣の欧米化などがかんけいしていると考えられています。

不妊治療を受けながら、生活習慣を見直したり、マカや葉酸など妊活に良いと言われるサプリメントを取り入れたりしている方も多くいると思います。

私自身、結婚してからしばらく子供を授かることができませんでした。

結局、原因はわからないままですが、結婚前の数年間生理不順で婦人科に通っていました。

個人の婦人科で、きちんとした検査などは受けていないので、生理不順の原因はわかりませんが、定期的なホルモン注射と薬を飲んでいました。

「将来妊娠できますか?」と、20代の私は心配で医師に聞くと「大丈夫ですよ。この薬はね、妊娠したら流産を防ぐ効果もあるものだからね」と仰っていました。

院内処方の医院でしたので、薬の内容もわからないまま服用を続けていました。

数年後に結婚してからも婦人科通いは続き、なかなか妊娠できず、やはり私が原因かと悩む日々でした。

食事に気をつけたり、規則正しい生活を心掛けたり、ストレスをためないように気を付けたり、できる範囲で色々と取り組みました。

ホルモンバランスを整える効果のあるサプリメントも取り入れました。

それでも妊娠できずに悩む日々は続きました。

その後、お世話になっていた医院が突然閉院し、数年間飲み続けていた薬を処方してもらえなくなり、なんの薬を飲んでいたのかもわからないので、他の病院に行くと最初からの治療になるんだな、振り出しに戻るんだなと思っていたら、赤ちゃんを授かれました。

その後は、特に大きなトラブルなく出産し、産後も生理不順も改善されています。

私の場合、全く原因がわからないまま生理不順が改善され赤ちゃんも授かることができましたが、いまだにわからないことだらけです。

赤ちゃんを授かるということは、本当に「奇跡」「神秘」なのだなあということだけは実感しています。

話を戻しますね。

不妊治療を受けながら、マカや葉酸などを取り入れているけれど、なかなか効果が得られないという方へ「ピニトール」という成分をオススメしたいと思います。

ピニトールは、海外では不妊治療に積極的に取り入れられている成分で、日本ではまだあまり知られていませんが、このピニトールとはマメ科の植物に存在する天然の物質と言われており、血糖値を下げる作用があり、多嚢胞性卵巣症候群の改善にも効果的と言われています。

ピニトールという成分は、ベジママというサプリメントに配合されており、葉酸もしっかり補給できるので、とてもオススメです。
ベジママで妊活効果と口コミで人気の理由

いま大注目されていますよ。

葉酸だけでなく、新成分ピニトールを摂取できる「ベジママ」をお試しになられてはいかがでしょうか。
公式サイト↓
葉酸サプリ「ベジママ」

u