結婚したら妊娠のために注意したいこと


結婚したら妊娠のために注意したいことを書きます。

晩婚化が進んでいる昨今ですが、平成26年現在の日本人女性の平均結婚年齢は29.6歳です。

晩婚化が進むと、初産の年齢も、その結婚年齢を上回ることになります。

35歳以上での初産は高齢出産とされ、ハイリスク妊娠と区分されます。

私の周りにも、高齢出産の知り合いが数人います。

自宅近くの産科では診てもらえず、遠くの大きい病院で出産したという話を聞いたことがあります。

ハイリスク妊娠と言われると、必要以上に不安になるかと思いますが、妊娠前から体作りを心掛けておくことで、余計な心配をする必要は減ります。

妊娠準備のために必要なことをまとめました。

1つ目は、平均体温を上げることです。

冷えは万病の元です。

平均体温が36度未満の方は注意が必要です。

体温を上げるために、お風呂は湯船にしっかり入る・生姜や温かい飲み物を摂る・腹巻やレッグウォーマーなどで調節する・生理用ナプキンは布のもの、もしくは紙ナプキンの場合は成分にこだわった子宮を冷やさないものを使いましょう。

2つ目は、運動を意識的に取り入れることです。

昔の生活に比べ、現代は生活の中で運動をする機会が減っています。

畑仕事や釜戸での料理、掃除機や椅子での生活で身体を動かすことが減っているので、意識して適度な運動を行うようにしましょう。

適度に運動をしていると、出産時、スムーズに陣痛を進めてくれると言われています。

足腰の強さが出産力とも言われているほどです。

3つ目は、バランスの良い食事を摂ることです。

妊娠したら食事を改善するのではなく、妊娠する前からバランスの良い食事を摂って、スムーズな妊娠のスタートができるように準備することが大切です。

食生活の乱れから不調になったものは、改善にも時間がかかることが多いので、早めに準備をしておくと良いですね。

妊娠に向けた身体作りと言うと、難しい・大変というイメージを持たれるかもしれませんが、このように、毎日の生活の中で少しの時間や少しの努力で行えることなので、ストレスにならない範囲から始めてみませんか。

早めの準備で、結婚して赤ちゃんを授かりたいという気持ちを幸せな時間として過ごせたら良いですね。

◆いろいろ注意しているのに、なかなか赤ちゃんができないときは、不妊や妊活中の人に人気の妊活サプリの「マカナ」を飲んでみてください。
妊活中だけでなく妊娠中から授乳中まで飲むことができますよ。
makana(マカナ)は妊娠中や授乳中に摂っても大丈夫なの?
赤ちゃんができた!という口コミも多いオールインワンサプリがmakanaです。