二人目不妊の原因と対策を教えて!

二人目不妊の原因と対策を教えて!

二人目が欲しいのに、なかなか授かれない状態のことを『二人目不妊』と言います。

一人目を授かったことで、もともとの不妊体質に気がつかないケースがあります。

逆に、不妊体質ではなく、タイミングなどの問題で二人目不妊だと感じているケースもあります。

一人授かっているから良いじゃない。

それでも、一人っ子は、かわいそうな気がする。

身体的な問題だけではなく、心因的な問題も複雑に絡んでくる『二人目不妊』について、書いていきたいと思います。

ー二人目不妊の原因ー

①一人目を妊娠・出産した際に、子宮などの器官にトラブルが起こってしまった可能性。

分娩時に大量出血した場合は、出血性の下垂体機能低下により、排卵障害が起きることがあります。

また、産後に子宮内感染症で、発熱や痛みがあった場合は、子宮内の回復が遅くなること、感染症により卵管が詰まってしまうことがあります。

卵管が詰まってしまうと、排卵した卵子が子宮にたどり着けなくなってしまいます。

②産後に生理が変化している。

もともと生理が重かった人が、出産後、生理が軽くなるという変化もあれば、出産後、生理痛を感じるようになった、生理の周期がバラバラで不規則になったという変化もあります。

生理の周期が不規則になると、排卵障害の可能性も出てきますし、夫婦生活のタイミングも取りづらくなってしまいます。

③生殖機能が低下している。

一人目を妊娠・出産しているということは、二人目を考える頃には当然ながら年月が経っているので、加齢による生殖機能の低下も考えられます。

現代は、晩産化が進んでいるので、一人目を妊娠・出産する時点で高齢出産になる場合もあります。

その後、1年~数年あけて二人目と考えていると、卵子の質が低下していて、受精しにくくなっていることもあります。

これは卵子の問題だけでなく、精子の質も加齢と共に低下しますから、男性にも言えることです。

④夫婦生活の減少、生活環境の変化。 

一人目の育児に追われて、夫婦生活が減少していることもあります。

やはり、妊娠する率は、夫婦生活の回数と関わってきますので、夫婦生活が少ないと妊娠する率も下がります。

また、育児をする中で、生活環境が変わり、夫婦共にストレスを抱えている可能性もあります。

⑤もとは不妊体質という可能性。

これは、一人目の自然妊娠が偶然が重なったことによる要素が強く、二人目が欲しいとなった時に不妊体質が明るみになるケースです。

一人目が出来たのだから、いつか二人目も出来るだろうと思い、もとの不妊体質に気が付くのが遅くなってしまい、加齢が進み、より妊娠しにくくなっている可能性もあります。

以上、5つの原因を挙げました。

では、どうすれば二人目不妊は改善されるのでしょうか。

ー二人目不妊の対策ー

産後の生理も始まり、一人目の授乳が終わって一年、夫婦生活があるにも関わらず妊娠しない場合は、子宮や卵巣、卵管にトラブルが起こっているのかもしれません。

ですので、気になることがあるなら、早めに産婦人科で相談することが確実です。

正直に申し上げると、二人目不妊の対策に特別な事はなく、一般的な不妊の対策(妊活)になります。

普段から、ストレスを溜めないようにリラクゼーションできる環境を整えること。

体を冷やさないように、温めること。

食生活に気をつけて、適度に運動をすること。

そして、夫婦生活の回数をアップすること。

どうしても一人目の子ども中心の生活になりますので、タイミングが合わなくて夫婦生活の回数は減ってしまうこともあるかと思います。

昼間の育児で疲れている時もあるでしょう。

子どもを産んだら、夫が女性として見てくれなくなったという話も耳にします。

不妊は、一人で悩まずに、夫婦で話し合うことが大切です。

夫婦にとって、より良い関係を目指していくことが望ましいでしょう。

◆なお、夫婦で飲むと良い子宝ドリンクとして人気の「ザクロのしずく」を飲むのも良いです。

ザクロのパワーで冷えや基礎体温のアップをサポートする妊活ドリンクだからです。

口コミ評価も高いです
ザクロのしずくの口コミ評価!他の妊活サプリと何が違うの?

us

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする